2018年4月20日金曜日

鮪・活魚料理「嘉文」名駅店〈名古屋市中村区〉

ある日、デザイナーの村澤一晃さんと美濃、尾張の国のあたりを股旅していたときに入ったお店が「嘉文」。カモンとくれば、レッツゴー。

日暮れを迎えてどこかで腹ごしらえとなったものの、土地勘もなく、うまい店をみつける勘も乏しく、そんなとき村澤さんが「ランチの魚がうまかった」、ということで入ったのがこの店でした。



一度満席だと断られたのですが、しつこく店内を覗き込んでいたら、一番奥の席が空いていました。食い意地パワーの勝利です。
お手頃ワインですがシャトーメルシャンですね。しかも嬉しい値付け。レモンサワーは生レモン。オーダーカモン! 魚がうまい店といいながら、味噌カツ、鶏の唐揚げ、ナポリタン、われわれは自由だ。半時足らずの夕餉でしたが大満足。あとはのぞみに乗っておやすみなさい。ちなみに、今年1月に名古屋で演奏した嘉門達夫氏とは関係ないようです。そりゃおみゃーさん、字がちがうがね。


●鮪・活魚料理「嘉文」名駅店
名古屋市中村区名駅3-14-16 東洋ビルB1
052-588-7888
営業時間 11:00〜22:00 無休

クレーン動物園⑤



2018年4月19日木曜日

「ル・ゴロワ フラノ」オープンのお知らせ


2016年5月に北海道に移転してから約2年。予定よりちょっと1年ほど時間がかかりましたが、新しいル ゴロワがいよいよ来月オープンします。BC工房も応援しています。北海道旅行の際は、富良野へもどうぞ足をお運びください。



BC工房の鈴木さんに紹介していただいて以来、ル ゴロワとのおつき合いは10年になります。最後に顔をあわせて打ち合わせしてから2年近く経ちましたが、電話と文通をしながらホームページやお便りの制作を続けていきます。はなれていても

2018年4月13日金曜日

ギフト デザインの贈りもの展 永井敬二コレクション


快晴のお昼。魚がし日本一新橋駅ビル店で大好きなおすしを食べて、
無印良品 有楽町 ATELIER MUJIで開催された
「ギフト デザインの贈りもの展 永井敬二コレクション」に行ってきました。













永井さんのあいさつ文のなかに、ものから「こっちを見て」と
声をかけられてハッとさせられるものとの出会いは、
心地よい余韻を残す「人」との関係にも似ています。
と書かれていて並んでいるものをみていると目や心の中にすーっと入ってきて
あたたかい、やさしい、おちゃめな「人」と会っているようで
胸の中があたたかくなりました。

2018年4月12日木曜日

エーランチの巻⑧


椅子のキャスターが鳴いていたため、潤滑剤を注入しました。回転椅子って、重い!
突然ですが問題です。みんな知ってるKURE 5-56の「5-56」とは? 
(1)成分配合率由来
(2)開発番号由来
(3)ダジャレ由来(5! 5! Here We Go! 6・リー みたいな)



正解はKURE 5-56ヒストリーでどうぞ。

赤田一明さん お嬢さんを連れてエーランチ来訪 2018.3.31〈東京都渋谷区〉

大のG党、中埜総合印刷の赤田一明さんが、巨人軍の開幕シリーズ観戦のためにお嬢さんの美優(みゆ)さんと上京。その途中でエーランチに立ち寄ってくれました。

●○○の2勝1敗だから、まずまずでしたね。
お嬢さんとお揃いのジャイアンツグッズで観戦なんてサイコーですね。
ちなみに美優さんはG党ではないそうです。(涙)

2018年4月6日金曜日

ビストロ「Coco☆路地裏」〈東京都渋谷区〉


エーランチのランチローテーションに新しく加わった、ビストロ「Coco(ココ)」。テーブル10席、カウンター6席。小さくておいしくて感じのいいフレンチ食堂。

場所は裏原宿のさらに奥、車では入っていけないような路地裏にあります。昨年の夏ころにOPENしたようです。あるとき偶然前を通りかかって、ランチもやっていることを知ったのが最初に訪ねたきっかけ。黙々と手を動かすシェフと愛想のいいマダムと、ご夫婦で営まれています。魚、肉、野菜、米は、全国各地から新鮮な素材を取り寄せています。ワインはフランス産だけでなく、イタリア産、スペイン産、ちゃんと選んだものを嬉しい値付けで提供しています。


ランチはワンプレートメニュー。まず本日のスープはしっかりした味わいで、ご馳走感があります。ワンプレートは大きな皿にどっさり料理が盛られています。リーフサラダ、野菜の前菜、パスタ、良質な食材を使いしっかり仕事をほどこしたメイン料理。肉の日も、魚介の日も、どっちもおいしい! お客さん思いの店柄が伝わってきます。
無水鍋でつくるカレーも人数限定で提供していて、この日は焼きカレーに目玉焼きをトッピング。旨味たっぷり、口当たりマイルド、でもしっかり辛くてスパイシー。スキレットに焦げついたチーズをガリガリ剥がしていただくと、これまた香ばしくておいしい。
サラダランチというワンプレートもあって、メイン料理とパスタが無しで、その代わりに前菜が2種、サラダがモリモリ、スープは大きな器になってパンがついてきます。いまのところエーランチのメンバーは誰もためしていません。なぜだろう? さておき、こんど夜も行ってみたいと思っているフレンチ食堂です。乙女塾のCoCoとは関係ありません。


●ビストロ「Coco☆路地裏」
東京都渋谷区神宮前2-20-5
03-6447-5285
営業時間 Lunch 11:30〜14:30
     Dinner 17:30〜22:30
定休日 月曜・水曜(第3週のみ日曜・水曜)

「木村亭」に三々五々集まった件〈徳島県徳島市〉


国府町から、千葉から、鹿児島から、東京から。三々五々に集まったところは「木村亭」。今までにない顔ぶれ、いったい今日は何の日?

木村亭の大将と女将さん、村澤さんはおなじみのメンツ。秋月さん、大二さん、バンドゥーさん、中村さんは、皆さんよーく存じあげておりますが、この場所、このメンバーの集まりはお初ですね。


なんとなく嬉しい気分で、ガヴィがガビガビと喉を通っていきます。ワインセレクトは、おなじみ村澤ノムリエ。イタリアンチーズと生ハムの前菜、パスタ2品をちゃっちゃっちゃ、とつくってくれました。Buono!
木村亭の仕込みも、例によってお楽しみうまいものいろいろあれこれ。オードブル、サラダ、贅沢釜揚しらす、おつまみチーズなどなど。バンドゥーさん差し入れの無添加ちくわ&さつま揚げも抜群。メインはステーキ。大将が仕入れた上質なビーフを、村澤タベルシェフによる見事なレアローストで味わいました。あ、木村亭の女将さん、唐揚げも揚げちゃうんですね! おいしい連鎖反応がとまりません。
締めはとろろそば。もう入らんで、と思いながら、じゅるじゅるっとおいしくすすって、ごちそうさまでした。


2018年3月23日金曜日

お花見ランチ2018〈東京都港区〉


ようやく春らしくなってきたかと思ったら、あれよあれよという間に桜が開き始め、桜以外もいきなり花盛り。東京じゃ今日のハナ金が花見の開幕となりそうです。千鳥ヶ淵はこんな感じ。目黒川はこんな感じ。週末は天気も良くあたたかいようで、桜の名所はいずれも賑わうのでしょう。



本日ランチのあとに寄り道した青山霊園では、ソメイヨシノが三分から五分咲きといったところで、まさに見頃。桜見物の人が大勢歩いていました。カメラやスマホを桜に向けている人も多く、SNS界隈も桜盛りになるでしょう。おやおや、陸自隊員さながら地面に伏せた姿勢で花をカメラで狙っている人もいます。YouTubeからは春の歌の新着情報が届きました。明るくうららかでありながら、どこかしらもの寂しさが漂うのが春の趣なのでしょうか。