2017年11月17日金曜日

テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング(号外)〈東京都渋谷区〉



「ラスコー洞窟」や「最後の晩餐」など、世界遺産がらみの関係者が幅を利かせている壁画界において、2017年1月にデビューしたのがテーブル工房kikiのスタッフルーム壁画です。ネットで検索しても関連情報はヒットしないと思いますが、kikiに行って長さ4m以上の無垢一枚板テーブルはつくれないだろうか、などと相談するとひょっとしてお目にかかることがあるかもです。




この壁画は、kikiのオリジナルぽち袋の絵柄が起源となり、毎年更新することが計画されています。デビュー壁画は大柴さんにお世話になった鳥です。来年の2nd 壁画は犬ではないかと巷で噂されています。犬も歩けば足が棒になる。12月上旬に予定されている施工に向けて、本日は原寸のチェックを行いました。
ちなみに2018年版のオリジナルぽち袋は12月1日から発売予定です。年末年始に買い物をするとこのぽち袋やDECCALENDAR がもらえる恒例のキャンペーンが行われます。kikiのホームページ、どうぞご注目ください。

2017年11月14日火曜日

釜揚うどん「一匠」〈徳島県鳴門市〉

ひさしぶりにうどん探検家の木村健治さん登場! 本日連れて行ってもらったのは、釜揚うどん「一匠」です。

おいしいと定評のお店だそうです。パスワークのM上さんも通ってるとか。11時半の開店時にはすでにお客さんが並んでいて、うどんが出てくるのにも結構時間がかかるため、なかなか足が向かなかったということですが、この日はさまざまな事情がほどよく絡みあって11時半ぴったりに入店。1回転目の客として着席できました。










その名の通り釜揚うどん一筋で、釜玉は最近始めたそうです。釜玉も魅力的ですが、やはりここは釜揚でしょう!
11時半にうどんを釜に投入されました。そうは簡単に茹で上がらないようです。10分くらいたったころ、大将が白タオルを頭にギュッと巻きます。いよいよかと身構えると、まずは空っぽの猪口と生姜とおろし器が運ばれてきます。うどん探検家のおかみさんが生姜をすりすりしてくれます。膨らし粉が混入されたように期待がふくらみます。膨らんだままさらに待つことしばし。おー、あつあつの出汁つゆが入った大徳利がテーブルに運ばれます。あ〜ん、長田in香の香の光景がフラッシュバックします。待ちきれずにつゆを味見。うふーん、奇跡の出汁つゆやん。もう幸せになりました。
そしていよいようどんが運ばれてきました。生姜とネギを入れてうどんをすすると、なんというふっくら、なんというコシ、なんといううどんの香り。途中からは揚げ玉も入れます。入れても、出汁つゆとうどんの純粋さはちっとも損なわれません。つゆが薄まったら注ぎ足します。天ぷらもおでんもお稲荷さんもありません。一心不乱にうどんに向かうのみ。釜揚うどんこそうどんの王。ザ・ウドン・オブ・ウドンズ、最強です。

●一匠
徳島県鳴門市大津町矢倉六ノ越37-3
088-685-2733
営業時間 11:30〜14:00 *火曜定休